発達障害について情報発信するブログです
体験談

発達障害当事者が精神障害者保健福祉手帳をとるまでの道 申請待ち

ASD/ADHD当事者のひまわりが精神障害者保健福祉手帳を取得するまでの体験談を2回にわけて記事にしました。第1回は、ひまわりが自立支援医療制度と精神障害者保健福祉手帳を知ってから、申請を待つまでの記録です。自立支援医療制度と手帳を同時申請したため、ひまわりは初診日から半年経つまで、自立支援医療制度を使えませんでした。
教育

発達障害×高校受験 高校入試での合理的配慮を考える

発達障害のある人が、高校受験の際、どのような配慮を受けられるのかを検討しました。大学受験での合理的な配慮については既に検討しましたが、今回は「高校入試」。なかなか実態の見えにくい高校受験での取り組みを調査し、どのような配慮を求めることができるのかを検討。記事でまとめました。
レビュー

発達障害の体調管理に! GARMIN(ガーミン)vivosmart 4 レビュー

発達障害のあって、体調管理の苦手な方に、オススメなのが、GARMIN(ガーミン)vivosmart4。自分の体調に気付きにくい「ひまわり」は、体調の管理をvivosmart4に任せてしまっています。このツールを導入してから、ひまわりは体調管理が急激に楽になりました。そこで、vivosmart4の使用感とそのメリット・デメリットをレビュー。体調管理の自動化を検討しました。
レビュー

視聴レビュー かんさい熱視線「境界知能~“気づかれない人たち”をどう支えるか~」

2020年2月14日にNHKで放送された、かんさい熱視線「境界知能~“気づかれない人たち”をどう支えるか~」をレビューします。内容を簡単に紹介し、感想を述べました。今まであまり注目されなかった、センシティブな問題に、真摯に取り組んでいた番組でした。
教育

通級指導教室って? 発達障害のある子が通うメリット・デメリット

前回の記事で挙げた、学校・学級の分類の中から、今回は「通級指導教室」について取り上げます。一般級に在籍しながら、個別の指導が受けられる「通級指導教室」は、発達障害のある子どもも通える教室です。通級指導教室の制度や活動について説明しながら、メリット・デメリットも同時にご紹介。そして、自治体による格差などについても言及。望ましい進路選択を考えます。
教育

発達障害×大学入試 入試での合理的配慮を考える

発達障害のある方が、大学入試において、合理的配慮を受ける可能性を検討しました。センター試験では、事前の申請が必要ですが、合理的配慮が受けられる可能性があります。また、各大学の入学試験でも、同様の配慮を受けられる可能性もあります。事前にしっかり情報収集を行い、入試で実力を発揮しましょう。
教育

発達障害×大学 発達障害のある人の進路の選び方 大学選択編

発達障害のある方が、大学に進学する際、どういった点を考慮すべきか検討しました。大学によって、受けられる支援には格差があります。在学中に受けられる支援、そして金銭的な負債を残さない方法を検討。具体的な例を示しながら、情報を提供します。
リンク

発達障害について知りたい? だったら、こちら! 情報サイト一覧

発達障害について知りたい、情報を得たい。そんな時に役立つ情報が得られるサイトを集めました。必要な時に、すぐに情報を得られるーー公的機関や、論文の検索サイトのまとめです。いちいち検索しなくても、この一覧で、おおよその情報は得られる、そんなリスト集です。
社会的手続き

発達障害のある人が障害者手帳を取得するメリット・デメリット

発達障害のある人が手帳を取得した場合のメリット・デメリットをまとめました。メリットとしては、「税金が安くなる」「障害者雇用枠に応募できる」「失業保険(雇用保険)で優遇される」「割引になるものがある」「公営住宅に入りやすくなる可能性がある」といった点。デメリットとしては、「保険に入れない可能性がある」「住宅ローンを組めない可能性がある」「心理的な抵抗」といった点が挙げられます。
教育

障害があるとき、大学の入試や単位取得はどうなる? 大学の先生にインタビューしました!

障害のある学生が大学へ進学する際、気になるのは、どのような配慮を受けられるのかということではないでしょうか。今回は、某国立大学のA先生をゲストにお迎えし、インタビューを実施しました。今回は、受験時の配慮や、入学後の対応など、大学の制度について、詳しく教えて頂きました。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました