ひまわりのTwitterはこちら

社会的手続き

社会的な手続きについて考察します。

社会的手続き

発達障害のある人が体調を崩したら? 仕事を休職することを検討する

発達障害のある人が、体調を崩した場合の制度として、「休職」制度を検討しました。法律によって定められているわけではないため、職場によって差のある「休職」制度。その制度があった場合、どのようなものなのかを説明。メリット・デメリットを検討しました。ひまわりも、現在、この制度を利用している一人です。
社会的手続き

発達障害×自立支援医療 自立支援医療制度って何? 当事者が解説

発達障害当事者が、自立支援医療制度について考察しました。自立支援医療制度を利用するメリット・デメリット、申請には何が必要なのかを検討。また、精神障害者保健福祉手帳との同時申請についても、自らの経験を基に、考察しました。自立支援医療制度の申請にベストなタイミングについても考えました。
社会的手続き

発達障害のある人が障害者手帳を取得するメリット・デメリット

発達障害のある人が手帳を取得した場合のメリット・デメリットをまとめました。メリットとしては、「税金が安くなる」「障害者雇用枠に応募できる」「失業保険(雇用保険)で優遇される」「割引になるものがある」「公営住宅に入りやすくなる可能性がある」といった点。デメリットとしては、「保険に入れない可能性がある」「住宅ローンを組めない可能性がある」「心理的な抵抗」といった点が挙げられます。
社会的手続き

発達障害のある人が手帳を申請する前に確認したい、3つのポイント

ASDやADHDなど、大人の発達障害のある人が、精神障害者手帳を申請する前にしたい、3つのポイントについてまとめました。重要なのは、「日常生活能力の判定」の欄について確認すること。自分の状況を照らし合わせること。そして、それを医師に正確に伝えること。これらのポイントを押さえて、申請しましょう。
タイトルとURLをコピーしました