発達障害について情報発信するブログです

視聴レビュー かんさい熱視線「境界知能~“気づかれない人たち”をどう支えるか~」

境界知能レビュー

こんにちは。ひまわり(@hattatsusurvive)です。

今日は、初のレビュー記事。
対象はこちらの、テレビ番組です。

かんさい熱視線「境界知能~“気づかれない人たち”をどう支えるか~」
とても良い番組でしたので、ご紹介したいと思います。

(リンクは「かんさい熱視線」のトップページになります)

かんさい熱視線 - NHK
関西の“いま”を徹底的に掘り下げる報道番組「かんさい熱視線」キャスターは、近田雄一アナウンサーです

2020年1月14日、近畿地方で放送された番組です。
今回は、その番組内容を簡単にまとめ、解説を交えながら、感想を述べていきます。

2020年1月14日「かんさい熱視線」まとめ

まず、番組の中身を紹介していきます。

境界知能(いわゆる、知的ボーダー)とは

今回の番組のテーマ「境界知能」とは何を指すのでしょうか。
まずは、番組の説明から見ていきましょう。

番組では図を交えながら解説していました。
そこで、この記事でも簡単な図を示して、説明していきます。

まず、知能指数は100を平均値とし、下記のグラフのような正規分布となります。

知能分布図

85~115は頻出値で、番組では「平均的」と紹介されていました。
70より下は「知的障害」とされ、その中間領域、71~84を「境界知能」と定義。
この番組では、それをテーマにしていました。

「境界知能」は一般的に使われている言葉ではありますが、正式な診断名ではありません。
ここでは、一般的な言葉の検証として、この言葉が用いられたと考えられます。

境界知能の方の割合

では、境界知能の方の割合や人口はどのくらいなのでしょうか。
以下のような紹介がされていました。

・人口の約14%
・おおよそ1700万人

番組では、複数の大人の境界知能の方の紹介もありました。

発達障害と境界知能の関係

番組では、発達障害と境界知能との関係についても説明がなされました。
IQと発達障害とは明確な相関はないということです。

知的障害や境界領域であるからといって、発達障害になるというわけではありません。

関西で広がる、子どものトレーニング(勉強)

困難のある子どもたちへのトレーニングも紹介されます。

大阪のある学校では、一般のクラスとは別に、苦手な分野だけを特別な教室で学ぶことができます。
漢字が苦手な子どもには、点を線でつなぐ、「点つなぎ」を行って、文字認識の機能を高めています。

他にも、数字が苦手な子ども用の課題など、30種類以上のトレーニングの用意も。
そうしたトレーニングの結果、およそ3割の子どもが一般のクラスの授業に戻っていくそうです。

苦手な分野だけを学ぶ教室ということだから、「通級指導教室」に分類されると考えられるよ

通級指導教室についてはこちら。

通級指導教室って? 発達障害のある子が通うメリット・デメリット
前回の記事で挙げた、学校・学級の分類の中から、今回は「通級指導教室」について取り上げます。一般級に在籍しながら、個別の指導が受けられる「通級指導教室」は、発達障害のある子どもも通える教室です。通級指導教室の制度や活動について説明しながら、メリット・デメリットも同時にご紹介。そして、自治体による格差などについても言及。望ましい進路選択を考えます。

視聴からみえてきた問題

番組から見えてきたのは、軽度知的障害・境界知能が見逃されきた方の問題でした。

早期発見・診断の必要性

境界知能であることを発見するのは、早期が望ましい、ということ。
先述のようなトレーニングや支援に繋がる可能性があるからです。

これはどの障害や特性にも言えることだね。
「早期発見・早期治療」は特別支援教育の分野でも大切だと言われているよ。

今後の「かんさい熱視線」に対する期待

さて、ここまで、番組の振り返りをしてきました。
今まで注目されることの少なかった、かつ、センシティブな問題について、真摯に取り組んでいたと感じます。

とりあえず再放送を!!

ということで、まずは要望を。
とても良い番組だったため、広く視聴されてほしい、と、ひまわりは思います。
そのために、再放送をお願いしたいと思います。

今後の取材の継続を要望する

番組の最後には、「境界知能」についての感想や意見を求められていました。
番組のHPには入力フォームもあります。

ひまわりは、こういった問題について、更なる調査・報道を望みます。

とっても良い番組でした!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました