ひまわりのTwitterはこちら
病院・診断

発達障害かもしれない?大人がwais(ウェイス)検査を受けるには?(体験談付き)

発達障害が疑われるとき、受ける検査の一つに、wais(ウェイス)があります。今回は、waisについて解説。検査を受けられる場所や費用などを検討。実際に、wais-iiiの検査を受けた「ひまわり」の体験も交えて、waisについて記事にしました。
社会的手続き

発達障害のある人が体調を崩したら? 仕事を休職することを検討する

発達障害のある人が、体調を崩した場合の制度として、「休職」制度を検討しました。法律によって定められているわけではないため、職場によって差のある「休職」制度。その制度があった場合、どのようなものなのかを説明。メリット・デメリットを検討しました。ひまわりも、現在、この制度を利用している一人です。
教育

発達障害×高校受験 高校入試での合理的配慮を考える

発達障害のある人が、高校受験の際、どのような配慮を受けられるのかを検討しました。大学受験での合理的な配慮については既に検討しましたが、今回は「高校入試」。なかなか実態の見えにくい高校受験での取り組みを調査し、どのような配慮を求めることができるのかを検討。記事でまとめました。
レビュー

視聴レビュー かんさい熱視線「境界知能~“気づかれない人たち”をどう支えるか~」

2020年2月14日にNHKで放送された、かんさい熱視線「境界知能~“気づかれない人たち”をどう支えるか~」をレビューします。内容を簡単に紹介し、感想を述べました。今まであまり注目されなかった、センシティブな問題に、真摯に取り組んでいた番組でした。
ブログ

発達障害をテーマに、初心者がブログを始めて3ヶ月 当事者の記録

大人の発達障害当事者、かつ、特別支援学校教諭が、ブログを開始して、3ヶ月が経ちました。発達障害をメインテーマとして運営しているこのブログ。どういった経緯で、どのような思いで立ち上げたのかを説明。PV数などの記録と共に、これまでを振り返り、今後の目標を設定しました。
教育

障害×大学 合理的配慮について、大学の先生にインタビュー(A先生の体験談)

前回は某国立大学のA先生に、所属されている大学での、障害のある学生への対応について教えて頂きました。今回はA先生のご経験を伺い、大学での合理的な配慮の事例をより具体的にご紹介します。個別のケースの紹介をしながら、大学での支援体制やその現状についてもお話を伺いました。
教育

障害×大学 合理的配慮について、大学の先生にインタビュー(大学制度編)

障害のある学生が大学へ進学する際、気になるのは、どのような配慮を受けられるのかということではないでしょうか。今回は、某国立大学のA先生をゲストにお迎えし、インタビューを実施しました。今回は、受験時の配慮や、入学後の対応など、大学の制度について、詳しく教えて頂きました。
特徴・症状

LD(学習障害)って何? 症状・特徴、診断や治療を知ろう

発達障害のうち、LD(Learning Disability)(学習障害)について取り上げます。今回の記事では、LD(学習障害)の症状や特徴、診断や、特性の改善に向けたトレーニング方法などをご紹介します。ひとことでLD(学習障害)といっても、特性の個人差の大きなこの障害。この記事が、LD(学習障害)の理解のきっかけになることを期待しています。
教育

高等特別支援学校とは? 障害のある子どもの進路について考える

前の記事で挙げた、学校・学級の分類の中から、今回は「高等特別支援学校」について取り上げます。「一般企業への就職ができる可能性が高い生徒に対して」、「就労に重点を置いたカリキュラム」を提供する、高等特別支援学校。今回は、高等特別支援学校について説明しながら、活動内容にも言及。そして、卒業後の進路も検討し、高等特別支援学校という進路を検討します。
教育

通級指導教室って? 発達障害のある子が通うメリット・デメリット

前回の記事で挙げた、学校・学級の分類の中から、今回は「通級指導教室」について取り上げます。一般級に在籍しながら、個別の指導が受けられる「通級指導教室」は、発達障害のある子どもも通える教室です。通級指導教室の制度や活動について説明しながら、メリット・デメリットも同時にご紹介。そして、自治体による格差などについても言及。望ましい進路選択を考えます。
タイトルとURLをコピーしました