ひまわりのTwitterはこちら

発達障害について知りたい? だったら、こちら! 情報サイト一覧

リンク

発達障害について知りたい、情報が欲しい。
今回は、そんな時に、情報が得られるサイトをご紹介します。

情報を探すのに疲れたよ・・・・・・

だったら、こんなサイトを見るといいよ

 

この記事ではこんなことを目指しています

発達障害に関する情報を、インターネットで簡単に得る

発達障害について情報を得られる公的機関など

「とにかく情報が欲しい!」って時。
そんな時には、こんなサイトがオススメ。

国立障害者リハビリテーションセンター・発達障害情報・支援センター

発達障害について、何か知りたいと思ったら、とりあえず、こちら。
発達障害についての情報を得ることができます。
また、全国にある、発達障害者支援センターについての情報を得ることもできます。

何はともあれ、ここ!

バナーをクリック♪

独立行政法人 国立特別支援教育総合研究所

こちらは特別支援教育全般を扱った研究所ですが、発達障害についても大きく取り上げられています。

ザックリ説明しちゃうと、日本の特別支援教育の総本山的な研究所です。
全国の特別支援学校の教員も、こちらの研究所で研修を受けたりしています。

教育については、このサイトを押さえておきたい!

ホーム - 独立行政法人 国立特別支援教育総合研究所
独立行政法人 国立特別支援教育総合研究所

 

発達障害の教育についてのページはこちら。

発達障害教育における関連情報 - 独立行政法人 国立特別支援教育総合研究所
独立行政法人 国立特別支援教育総合研究所

 

NHKハートネットTV

大手メディアの中でも、特に、障害について発信されているのがこちら。
発達障害についても、積極的に取り上げています。
発達障害についての特集ページもありますので、参考になると思います。

テレビもサイトも、両方、参考になるよ!

NHKハートネット 福祉情報総合サイト
このサイトは、障害や病のある人、「生きづらさ」を抱えている人、支える家族や共感する人たち、さらには社会を変えたいと願う全ての方々のための総合情報サイトです

 

 

論文検索サイト(日本語)

発達障害についての研究は日々行われており、情報は更新され続けています。
もちろん、書籍を読むのも参考になります。
ただ、最新の情報を入手したい場合は、論文を検索した方が早い場合もあります。

今回は英語論文検索サイトは除外して、日本語の論文検索サイトのみを紹介します。

CiNii

国立情報学研究所がが行っているサービス。
論文、図書・雑誌や博士論文などを学術情報で検索できます。

図書館に収蔵されている書籍も検索できるのが良いところ。
大学図書館を利用しないと手に入らない論文もあるので、利用が限られる場合があるのが難点。

そんな場合でも、お近くの大学の図書館を利用すれば、論文を取り寄せられることもあります。

近くの大学図書館も利用しちゃおう!

CiNii Articles - 日本の論文をさがす - 国立情報学研究所

 

J-STAGE

国立研究開発法人科学技術振興機構が運営する、電子ジャーナルのサイト。
日本国内の発行機関が発行する電子化した科学技術刊行物をインターネット上で公開しています。

利用するには登録が必要ですが、登録は簡単です。
かつ、オープンアクセス(PDF)が多いので、読みたい放題です。

ぶっちゃけ、タダで読めちゃうものが多いよ

J-STAGE トップ
総合学術電子ジャーナルサイト「J-STAGE」-国内で発行された学術論文全文を読むことのできる、日本最大級の総合電子ジャーナルプラットフォームです。

 

注意点は、タダだと思って読み出すと、止まらなくなる事。
過集中気味な人は、気をつけて下さい。

 

製薬会社

ADHDの治療薬の、製薬会社一覧です。
(ASDに対しては、2020年1月現在、治療薬は販売されていません)

イーライリリー

ストラテラ」の製薬会社です。

日本イーライリリー株式会社
イーライリリー社は革新的な医薬品を全世界の人々に提供することを通じて、人々の健康で活動的な生活に貢献しています。

私は飲んでないよ

「大人のためのADHD.co.jp」というサイトも用意されています。
こちらには、チェックリストや病院検索もあります。
ADHDについても、解説されているため、得られる情報も多いです。

 

大人のためのADHD(注意欠如・多動症)サイト
大人のADHDに関する情報や、充実した社会生活をおくるためのヒント、サポート情報、チェックリスト、体験談など役立つ情報を詳しくご紹介します。ADHDという治療できる病気かもしれませんので。病院検索でお医者さんを検索し悩みや不安を相談してみましょう。

ヤンセンファーマ株式会社

コンサータ」の製薬会社です。

コンサータ、私は72mg!

Home
ヤンセンファーマ株式会社のホームページです。ヤンセンは、ジョンソン・エンド・ジョンソングループの医薬品部門として、がん・精神・神経疾患、代謝・循環器疾患、免疫疾患、感染症・ワクチンの領域で人々の健康への貢献を目指しています。

 

塩野義製薬株式会社・武田薬品工業株式会社

2019年、小児患者の治療薬として承認されていた「インチュニブ」が、成人にも適応されました。
また、小児患者のみの適応ですが、「ビバンセ」も発売されています。

塩野義製薬株式会社・武田薬品工業株式会社によって開設され、運営されているサイト。
「知って向き合うADHD」

知って向き合うADHD|塩野義製薬 / 武田薬品工業
「知って向き合うADHD」サイトは、ADHD(注意欠如・多動症)のお子さんがより良い支援や治療が受けられるように、患者・家族そして教育関係者の皆様に適切な情報を提供することを目的に、塩野義製薬株式会社、武田薬品工業株式会社が開設し運営しています。

「保護者向けサイト」と「教育関係者向けサイト」が用意されています。

インチュニブ、私は4mg!

 

注意点

今回は「ひまわり」がいつも利用しているサイトをご紹介しました。
他にもオススメできるサイトを発見した場合は、その都度、更新していく予定です。

リンク切れなどがございましたら、ご指摘いただけますと幸いです。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました